一般歯科

一般歯科について

小児歯科治療についてむし歯の治療や、歯周病の治療、歯の根の治療などをさします。むし歯の治療にはむし歯の程度、範囲によって白い樹脂系の詰め物で対処する場合と、歯の型をとって金属を詰める処置などがあります。むし歯の程度が深く、神経まで達してしまったり、すでに神経が死んでしまっている場合には、歯の根を掃除し密閉する処置治療が必要になります。歯周病の原因は、大半が口の中にいる細菌の固まりである歯石です。まずはこの歯石を取り除く事から始めて、歯肉を引き締める処置をします。

むし歯の原因と進行・治療の内容

むし歯は細菌が出す酸によって歯の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へと進行します。このころになると歯が痛みだします。むし歯とは口の中の細菌が出す酸が歯を溶かしてしまうおそろしい病変のことです。

  • 初期むし歯
    CO
    初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
    【治療】ブラッシング指導、シーラント、フッ素
  • エナメル質が脱灰
    C1
    歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。
    【治療】シーラント、詰める、サホライド(虫歯の進行を止めるフッ素)
  • 中等度のむし歯
    C2
    象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
    【治療】詰める、小さい銀歯
  • 歯髄(神経)まで達したむし歯
    C3
    むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
    【治療】神経を取って銀歯か白歯(犬歯まで)を被せる
  • 根っこだけが残ってしまった歯
    C4
    歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、炎症がまわりに広がっていきます。
    【治療】根っこの消毒をして銀歯か白歯(犬歯まで)を被せる

歯周病について

歯周病の進行・治療の内容

進行度1歯ぐきがはれ、出血する

歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。
【治療】ブラッシング指導、歯石取り

歯ぐきがはれ、出血する
進行度2口臭を感じるようになる

ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。
【治療】歯石取り、麻酔して汚れた歯肉を取る

口臭を感じるようになる
進行度3歯がぐらついてくる

ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。
【治療】同上と抜歯

歯がぐらついてくる
進行度4硬いものが食べられなくなる

歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。
【治療】抜歯

硬いものが食べられなくなる

口臭について

お口のにおい気になりませんか?
口臭は自分では正確な判断がつきずらいものです。 まずは、装置などで測定してみることが肝心です。
当院では、最新の口臭測定器を用いて、スケーリングの効果などを測定しています。口臭が気になる方や、自分の口臭を一度測定してみたいという方はお気軽にご相談下さい。

ヤニ・茶渋除去について

ヤニ・ステイン除去について茶渋やタバコのヤニなど気になりませんか?
歯の表面の紅茶やコーヒーなどによる色素沈着や、タバコによるいわゆるステインは、日常のブラッシングではなかなか落とせません。

当院ではエアフローという機器を使い、口内のステインを落としていきます。歯に超微細なパウダーをウォータースプレーとともに射出することで、ステインを歯の表面を傷つけることなく短時間で落とします。

入れ歯について

入れ歯について入れ歯は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、入れ歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。

入れ歯とブリッジの違い

入れ歯

入れ歯

抜けたり、欠けたりした歯の補いに、人工の歯を入れることです。
【メリット】
保険が適応される。
ほとんど歯を削らなくて済む。
【デメリット】
装着の違和感がある場合もある。

ブリッジ

ブリッジ

歯がなくなったところを埋めるために、隣の歯などを削って橋渡しした差し歯のことです。
【メリット】
差し歯なので違和感が少ない。
入れ歯と違って着脱しない。
自分の歯の根を使うので感覚も自分の歯に近い。
【デメリット】
歯をかなり削る必要があります。

入れ歯の制作について

・総入れ歯は、完成まで5回~6回で、期間は、約1か月程度掛かります。ただし、その後の調整に数回掛かる可能性があります。

・部分入れ歯は、簡単なケースは、10日間程度で出来る場合もございますが、基本的に5回程度掛かります。

・ただし、歯を抜いてからの場合は、抜いた後の傷が治ってからの型取りになりますので、さらに期間が掛かります。

親知らずついて

親知らず 親知らずによって体や口の中に出る悪影響が最も大きいのは、下あごにある水平埋伏智歯と呼ばれる、親知らずが真横を向いて埋まっているときです。真横に向かって生えている親知らずは汚れが溜まりやすく、腫れやすいです。

また、斜めを向いて親知らずの先端が少しだけ顔を出した半埋伏の場合などは、隣の歯に接触している部分に汚れがたまりやすく清掃も困難なため、高確率でむし歯になってしまいます。その場合は、隣の7番目の歯の隣接面もむし歯になる可能性が高いので注意が必要です。

親知らずの世間一般の常識

よく、「親知らずの抜歯は、痛い!!」と、思っている方がほとんどですが、実際は、麻酔をしての治療ですから、心配ございません。仮に、抜歯中に痛い場合でも、麻酔を追加して、痛みが無いように行いますので、ご安心下さい。

また、抜歯が難しいのは、下あごの横たわっている歯の場合であって、上あごの親知らずに関しては、ほとんどのケースが、普通に生えているますので、簡単に抜歯できます。

当院では特殊なケースを除き、ほとんどのケースは抜歯可能です。

PAGE TOP