小児歯科

小児歯科

小児歯科治療について成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。むし歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的にむし歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。これが小さな子どもで習慣づいてくると、数年後には筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらにこれが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。

小児歯科治療の流れ

虫歯はあるけど、痛みがないケース

うちの子は、泣き虫だから、虫歯があるのは分かっているけど・・・。
そんなお母さん、ご安心下さい。小さいお子さん(特に歯科が初めて)は、必ずと言っていいほど泣きます。
でも、人間は、「見て」、「聞いて」、「やってみる」と、恐怖心が無くなりほとんどのケースで治療ができるようにまでなります。

当院では、まず、治療に慣れるまで練習を行います。治療で使う機具を見せて、それをどんな時に使うのか教えます。次に、自分で鏡を持たせて、実際に口の中でやって見せます。 そんな練習を繰り返すうちに、歯も削れるようになってきます。

しかし、中にはいくら練習しても削らせてくれないお子さんもいらっしゃいます。このような場合は、保護者の方と相談して数か月に一度定期健診に来てもらいフッ素等を塗りながら、徐々に慣れて貰い、治療が出来そうになった時点で始めていきます。

虫歯があって食事したりすると痛がるケース
これも大筋は、1と同じですが、虫歯の痛みが出ないように仮に詰め物をして痛みが出ないようにして、練習を進めます。
黙っていても虫歯が痛いケース
黙っていても痛い場合は、泣いたり、暴れたとしても、スタッフ2~3人で抑えての治療となります。
注:予約していない場合、抑える為に人手が必要となるため、当日治療できない場合もございますので、予め予約を取っていただくことをお勧めします。

むし歯にさせないための治療とは?

むし歯に強い歯をつくるフッ素

フッ素フッ素は歯を強くする成分で、むし歯に対して抵抗力の弱い乳歯などをむし歯から守る薬剤です。初期のむし歯を修復する効果や歯垢の中にあるむし歯菌の働きも抑える効果もありますので、幼児期のむし歯予防には効果的です。フッ素は「フッ素入り歯磨き粉」・「フッ素のうがい薬」などがありますが、歯医者による歯面へ直接のフッ素塗布がより効果的です。


歯を削ることなく予防できるシーラント

シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法がシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。


おやつについて

デントキシリ 子供は一人で上手に歯磨きができないため、プラークコントロールが不十分になります。 また、乳歯は食べカスがたまりやすく、しかも子供の好む食べ物には粘着性があるため、虫歯菌が酸をさかんにつくりだしてしまいます。 そのため、お子様が虫歯にならないようにするためにも、おやつをあげる際は以下の点を心がけて下さい。

  • 1,決められた時間に砂糖を控えたものをあたえる。
  • 2,食べたらすぐに歯をみがく。(細菌は約5~10分で砂糖を分解しだします。)
  • 3,砂糖の代わりにパラチノースやアスパルテームなどの代替甘味料を使ったお菓子や野菜果物などを上手に利用する。

当院ではキシリトールのチョコ、グミ、ガムなどの販売も行っております。
詳しくは当院スタッフまでお気軽にお声が下さい。

PAGE TOP